×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





近視と乱視

なぜ乱視になってしまうのでしょうか。
乱視とは屈折異常の一つで、網膜よりも手前に光が焦点を結んでしまう為に物がぼやけて見えてしまう状態の事を指します。

はっきりした原因は分っていませんが、主に考えられる原因は、成長に伴った屈折の状態の変化、 遺伝による物、環境による物が挙げられます。
「成長にともなう屈折状態の変化」生まれてから20歳頃までは、眼球は常に成長しています。
多くの場合、屈折の角度は誰もが近視の方向に向かっています。
多くの方が近視になる可能性がありますが、眼がねが必要な人と裸眼で良い人に分かれる人がいるのは、 なぜだと思いますか?

そこで重要になってくるのは、以外に遠視なんです。
遠視の状態というのは小さな頃なら、皆さん持っているものなんです。
子供の頃に適度な強さの遠視を持っていると、近視が進行する事により帳尻が合ってきます。 しかし遠視の程度が弱い場合は成長にともない近視が進行すると正視を通りこしてしまうので、 近視となり眼鏡による矯正が必要になります。

乱視で悩んでいませんか?のトップページ