×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





乱視の原因

角膜乱視は、後天性と先天性の2つに分かれます。
先天性の角膜乱視の原因は、お母さんのお腹の中にいる胎児の状態と出産時の対処による場合にわけられます。 角膜乱視の後天性の原因は、最も多い事例は目を細める事により眼球へかかる圧迫と逆さ睫毛です。 近視の初期に、遠くを無理に見ようとして、目を細めたりすると目の周りの筋肉によって、 角膜が押し潰されて、変形してしまいます。

知らぬ間に目を細める人もいますが、角膜乱視を予防するためにも、目を細めることはやめましょう。 新生児や乳幼児の太りすぎによって、角膜乱視が起きることもあるそうなので、早めの発見、治療が大切なんです。

乱視で悩んでいませんか?のトップページ