×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





乱視とレーシックの関係

多くの視力矯正の手術は近視を対象としたものが多いですが、 乱視・遠視・老眼の場合はどうなるのでしょうか?

近視が多い日本人の場合、レーシック治療をおこなう場合でも近視のケースが多いのは、仕方ありません。 近視に比べ乱視・老眼・遠視の人数が圧倒的に少ないのでどうしても症例が少なくなってしまうのです。
では、レーシックは乱視や遠視、老眼に対応出来るのかどうかという事ですが乱視と遠視の場合は矯正をすることが出来ますが、 老眼の場合はレーシックにより治療することは出来ません。

乱視で悩んでいませんか?のトップページ